ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

鳥取県にある水木しげるロードの歩き方からオススメスポットの紹介について

スポンサーリンク

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

【本日のテーマ】 

鳥取県にある水木しげるロードに行ってみた感想とオススメスポットや歩き方の紹介について

 

水木しげるロードの魅力をたくさんお伝え致します。

 

 【当記事オススメの方はこちら⇩】

〇鳥取県で旅行を考えている方

〇鳥取県の水木しげるロードについて調べている方

〇中国地方で旅行を考えている方

〇今から旅行について情報を集めようとしている方

〇ゲゲゲの鬼太郎が好きな方

 

上記に当てはまる方に向けた記事となっています。

 

 

本日の流れ
  • 水木しげるロードとは
  • 水木しげるロードに行くなら平日を狙え
  • 水木しげるロードのオススメの歩き方
  • 絶対に行きたいオススメのスポット
  • おススメのお土産や食事とは
読んでみてね♬

f:id:noru-rate:20200218131447j:plain

 

当記事は実際に水木しげるロードに行ってきたときの様子やその時に思ったことについて発信しています。

 

水木しげるロードに興味のある方の参考になると嬉しいです。

 

良かったら最後まで読んでみて下さい♬ 

 

 

 

水木しげるロードとは

f:id:noru-rate:20200220132317j:image

 

 

鳥取県にある堺港市の商店街の名称となっています。

 

水木しげるさんが描く妖怪の世界観をテーマになった商店街です。

 

特に代表作である【ゲゲゲの鬼太郎】のキャラクタ達が水木しげるロードで私達を待っています。

 

 

水木しげるロードに行くなら平日を狙ってみて!

f:id:noru-rate:20200220132143j:image

 

水木しげるロードに私が行ったのは平日の月曜日に訪れました。

 

お客さんは全くおらずゲゲゲの鬼太郎さんは暇を持て余していました(笑)

 

f:id:noru-rate:20200220132248j:image

 

暇すぎて私達に絡んでくるゲゲゲの鬼太郎さん。

 

ゲゲゲの鬼太郎さんと絡むことがめったにないので逆にこれを利用して一緒に遊びました(^^)/

 

それがこちら⇩ 

 


【鳥取県】水木しげるロードのサービス精神旺盛な鬼太郎さん

 

 一緒に遊んでくれたゲゲゲの鬼太郎さんの動画です。

 

平日に行くと一緒に遊んでくれることが分かりました♬

 

皆さんも行くなら是非平日を狙ってみて下さい(^^)/

 

 

水木しげるロードのオススメの歩き方

f:id:noru-rate:20200220132421j:image

 

ではここからは水木しげるロードのオススメの歩き方についてご紹介していきたいと思います。 

 

オススメその① スタンプラリーでプレゼントゲットしよう!

f:id:noru-rate:20200220132856j:image

 

水木しげるロード内だったらどこにでも売ってあるスタンプラリーです。

 

1冊120円で購入ができます。

 

 

スタンプラリーは水木しげる記念館から水木しげるロード駅前まで片道約800mの間で所々にスタンプが置いてあり見つけてはスタンプを押していくようになります。

 

【水木しげる記念館】

f:id:noru-rate:20200220132317j:plain

 

ここがスタートとなります。

 

片道800mを歩いて

 

【水木しげるロード駅前】

f:id:noru-rate:20200220140855j:plain

 

ここがゴールとなります。

 

駅の中に入ると・・・

 

f:id:noru-rate:20200220140916j:plain

 

堺港市観光案内所でスタンプラリーの合計を教えます。

 

スタンプは全部で35個あり完全制覇を決めていたのですが・・・

 

31個で終わってしまいました(涙)

 

 

ざんねん!!

 

 

それでも31個集めることができたので記念品のシールをもらいました。

 

f:id:noru-rate:20200220141223j:plain

 

これです♬

 

35個集めると【完走証】でなにかプレゼントがもらえます。

 

私はシールだったので完走証がなにかわかりませんでした(涙)

 

気になる方は水木しげるロードへ行って実際に完走証をもらってきてください(^^)

 

 

 

オススメその② 妖怪を177体見つけながら散策しよう!

 

水木しげる記念館から水木しげるロード駅前までに妖怪がなんと・・・

 

177体も隠れています。



177体を見つけながら水木しげるロードを散策するのもおススメの歩き方となります。

 

 

一体どれだけの名のある妖怪たちが隠れているのでしょうか。

 

心躍りながら散策してみましょう。

 

おススメその③ 普通に水木しげるロードを満喫してみる

 

 

妖怪のことは関係なくして水木しげるロード内を堪能してみましょう。

 

 

ゲゲゲの鬼太郎のグッズからお土産など見ながら歩くのも悪くありませんよ(^^)/

 

 

絶対に行っておきたいオススメスポットについて

 

私がオススメしたいのはこの3つのスポットです。

 

【オススメスポット】

〇ゲゲゲの妖怪楽園

〇鬼太郎妖怪倉庫

〇水木しげる記念館

 

この3つのスポットについてご紹介していきます。 

 

ゲゲゲの妖怪楽園

f:id:noru-rate:20200220135203j:plain

 

 

f:id:noru-rate:20200220141451j:plain

 

 


【水木しげるロード】ゲゲゲの妖怪楽園の雰囲気

 

 

施設内に入ると【妖怪ラテ】が飲めますよ(^^)/

 

f:id:noru-rate:20200220141216j:plain

 

全部で5種類のゲゲゲの鬼太郎のキャラクターのラテとココアになります。

 

これはもうアート以外のほかにありませんね。

 

飲むのがちょっともったいないと思いました(苦笑)

 

f:id:noru-rate:20200220140837j:plain

 

他にもくじでこれを2つゲットしました(^^)/

 

是非!水木しげるロードに来たらゲゲゲの妖怪楽園に行ってみて下さい♬

 

【ゲゲゲの妖怪楽園公式サイト】

-水木しげる-ゲゲゲの妖怪楽園公式サイト|園内マップ・アトラクション

 

 

鬼太郎妖怪倉庫

f:id:noru-rate:20200220141219j:plain

 

これは【お化け屋敷】となっています!

 

初めて入ったのですが最初はお化け屋敷と思わないで入ってみたら普通のお化け屋敷でした(汗)

 

姪っ子ちゃんはガン泣きでしたね(笑)

 

中はこんな感じです。

 

f:id:noru-rate:20200220140923j:plain

 

f:id:noru-rate:20200220140847j:plain

 

この感じはお化け屋敷とは思えませんよね(笑)

 

ちなみにこの鬼太郎妖怪倉庫の入場料はこちら⇩

 

【料金表】

〇一般     → 700円

〇中高生    → 500円

〇3歳~小学生 → 300円

 

このようになります。

 

【鬼太郎妖怪倉庫】

鬼太郎倉庫物語 - ゲゲゲのパワースポット鬼太郎妖怪倉庫 -

 

水木しげる記念館

f:id:noru-rate:20200220140929j:plain

 

 最後は入り口にある水木しげる記念館です。

 

f:id:noru-rate:20200220132317j:plain

 

鬼太郎さんが座っていた場所となります。

 

こちらも入場料があります。

 

【料金表】

〇一般     →  700円

〇中高生    →  500円

〇小学生    →  300円

〇障害のある方 →  300円

〇上記の介護者 →  300円

 

このようになります。

 

 

【水木しげる記念館】 

mizuki.sakaiminato.net

 

小腹がすいたら牛骨ラーメンで決まり!

f:id:noru-rate:20200220135145j:plain

 

 

水木しげる記念館の近くにある牛骨ラーメンが売ってあるラーメン屋さんへ・・・

 

とてもおいしかったので合わせてご紹介致します。

 

 

f:id:noru-rate:20200220150021j:plain

 

牛骨ラーメンと合わせて餃子もいただきました♬

 

 

水木しげるロードの名物のお土産といえば

f:id:noru-rate:20200220150257j:plain

 

目の形をしたお土産はいかかでしょうか。

 

とても人気のお土産となります。

 

 

さいごに

f:id:noru-rate:20200220141455j:plain

 

以上で水木しげるロードのご紹介を終わります。

 

これから鳥取県に行こうと考えているかや水木しげるロードについて調べている方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。