子供の習い事でサッカーの始め方から気を付けるべきチーム選びについて

スポンサーリンク ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

【本日のテーマ】 

子供の習い事でサッカーの始め方から気を付けるべきチーム選びについて

 

【こんな悩みを持ったパパさん・ママさんはいませんか?】

〇サッカーをどこでやったらいいのかな?

〇サッカーをやらせたいけどどんな準備したらいいんだろう?

〇親当番ってあるのかな?

〇どんな雰囲気でやってるのかな?

〇うちの子は大丈夫かな?

 

こういった悩みをお答えしていきます。

 

 

 【広告リンク】

リベルタサッカースクール

 

 

 

 

【本日の内容】

〇少年団とクラブチームとスクールの違いについて

〇チームの環境と雰囲気について

〇どんな理念や方針なのか

〇どんな服装や格好で行くべきなのか

〇指導者の雰囲気や声かけについて

 

興味のある方は最後まで読んでみて下さい。

 

  

 

 

スポーツ少年団・クラブチーム・サッカースクールの違いについて

f:id:noru-rate:20200204155000p:plain

 

サッカーのチームを選ぶ際に気を付けるべきポイントはこの3つについてです。

 

どんな違いがあるのでしょうか。

 

一つずつ説明していきます。

 

スポーツ少年団

 

基本的に親が中心になってチーム管理や運営をしなくてはいけません。

 

指導者の方も働きながらやる方がほとんどなので実際に指導を受ける時間が少なかったり練習時間が遅くから始まり終わるのも遅く終わってしまうという点がとてもつらいところですね。

 

土日の試合も保護者の方が当番で子供たちを送迎したり指導者の弁当を準備したりしないといけなかったりとやることが多いいのつらい。

 

その代わり活動費がとても安くできるのでそこだけはいい点ではないでしょうか。

 

【まとめ】

〇月謝が安い(メリット)

〇自分の学校でできる(メリット)

〇保護者の方が当番制で練習に参加しないといけない(デメリット)

〇保護者の方が運営と管理をする(デメリット)

〇試合の送迎もしたりする(デメリット)

〇指導を受ける時間が少なかったり練習時間が遅くなったりする(デメリット)

 

指導者に恵まれず子供にとってはあまりいいとは言えません。

 

中には保護者コーチが出てきて揉めることもあったりするので何とも言えません。

 

 

クラブチーム

 

しっかりとしたライセンスを持った指導者の方がチームの運営や管理をしているため保護者の方は試合をみにいくか練習場に送り迎えをするだけで済みます。

 

中には自前でバスをもっているチームもいたりして通常のトレーニングはもちろん試合に行くのも送迎があったりするので親が手を貸す必要がほとんどありません。

 

その代わり活動費が高いチームは多いいのではないでしょうか。

 

クラブチームなので試合数も多く指導者の方からは強い口調で言われたり色んなことを求められるので子供たちは大変でしょう。

 

保護者の方のサポートが必要となります。

 

【まとめ】

〇保護者の方の役割がほとんどない(メリット)

〇試合の送迎か練習場の送迎のみ

〇競争が激しい

〇指導者の言い方や求められるものが強い

〇優先順位が家ではなくてサッカーが一番になってしまう(デメリット)

〇活動費が高い(デメリット)

 

子供たちのメンタルのケアをしてあげるのが保護者の方の役割です。

 

試合については指導者に任せて応援やケアを徹底してあげましょう。 

 

 

サッカースクール

 

サッカーの中の何かに特化したトレーニング内容になるのサッカースクールの魅力です。

 

他にもクラブチームが嫌で少年団も嫌でサッカースクールだけでいいかなっていう子供も中にはいます。

 

ここ最近の傾向ではサッカースクールのチーム活動をやっているチームも多く緩い中にも厳しさがあるようなちょうどいい感じのスクールチームも増えてきました。

 

中にはクラブチーム以上に試合が多くクラブチームをやめてスクールチームだけでやる子供も多くなってます。

 

【まとめ】

〇特化したトレーニング内容(メリット)

〇保護者当番がない(メリット)

〇チームではないので家の用事も両立しながらサッカーができる(メリット)

〇指導者の方が熱心で親身になってくれる(メリット)

〇スクールによっては土日のイベントや試合が全くない状況(デメリット)

 

組織が大きいチームではサッカースクールとクラブチーム両方を持っているチームもあります。

 

【3つを比較すると】

公立と私立と思ってもらえればわかりやすいかなと思います。

 

スポーツ少年団  = 公立(安いが刺激が少ない)

 

クラブ・スクール = 私立(高いが独自のやり方で刺激がいっぱいある)

 

 

 

【広告リンク】

リベルタサッカースクール

 

 

チームの環境と雰囲気について

f:id:noru-rate:20200204155032j:plain

 

保護者の方に見てもらいたいこととして【チーム環境】や【チームの雰囲気】をまずは見てほしいと思います。

 

 

チーム環境とは

 

どんなグランドで何人の選手がいるのか。

 

子供達の表情やどんな道具あるのか。

 

 

チームの雰囲気とは

 

みんなで明るくワイワイ楽しそうにやっているのか。

 

またはみんなでまとまって頑張っている姿勢がみれるのか。

 

 

この2つはしっかりと見ておいてほしいと思っています。

 

これから自分の子供がここでお世話になるとしたらどのように成長してくれるのか想像してみて下さい。

 

想像できないようだったら違うところを検討するべきです。

 

どんな理念や方針なのか

f:id:noru-rate:20200204155024j:plain

 

一番最初に入団をすると決めた時に必ず入団要綱というものをもらえるはずです。

 

もしない場合は所属することはおススメしません。 

 

チームまたはスクールの方針が書いてあると思います。

 

このチームはどんなことで子供たちに還元できるのか書面で説明してるはずです。

 

 もしない場合は指導者の方に直接聞いてみることを強くおススメします。

 

 

 【広告リンク】

 

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し

 

どんな格好でどんな道具をもって行くべきか

f:id:noru-rate:20200204155041j:plain

 

サッカーに必要な格好と道具についてご紹介します。

 

【通常のサッカーの格好】

〇トレーニングシューズ

〇ストッキング

〇レガース

〇サッカーをパンツ

〇サッカーシャツ

 

上記の格好はサッカーをするにあたり一般的な格好となります。 

 

【最初の格好は基本的に自由】

〇靴下

〇運動靴

〇サッカーのできる格好

 

サッカーの道具はあとから揃える方向で大丈夫です。

 

初めは自由な格好で運動のできる格好ならどんな格好でも構いません。

 

【共通の道具】

〇飲料水

〇サッカーボール

〇カバン

 

 私だったら最初はこの格好だけでいいと言いますね。

 

【理由として】

まだ何もわからない状態なので少しずつ指導者である私達が選手または保護者の方に伝えます。 最初は雰囲気ややり方に慣れてもらう方が先なので慣れてきてから徐々にこれも準備してねといいます。

 

 

 【広告リンク】

 

スポーツ用品買うならゼビオ

 

 

 

指導者の雰囲気や声かけ

f:id:noru-rate:20200204154956j:plain

 

いち指導者としてここを一番強く言いたいと思います。

 

私達指導者という立場では子供達のお手本にならなくてはなりません。 

 

グランドでふさわしくない言動や行動をとるような指導者がいるとしたらすぐさまやめるべきです。

 

そんなところで指導を受ける必要がありません。

 

私達、指導者とは黒子的存在です。

 

選手よりも指導者が目立ってはいけません。

 

指導者というたちばを利用して好き勝手やっている声かけや振る舞いをしてる場合はやめるか注意をするべきでしょう。

 

私はまだ指導歴13年目ですがこういった話が実際にありいやで私の所へ来た保護者の方や子供達を知っています。

 

だからこそこういった指導者がいることが本当に悲しい限りです。

 

まとめ

f:id:noru-rate:20200204155332j:plain

 

以上でチーム選びについて終わります。

 

今回の話をまとめると

 

〇少年団は公立みたいで刺激が少ない

〇スクール・クラブチームは私立みたいに色んな内容が詰まっている

〇チーム環境ではグランドの様子や荷物ああるのか

〇チーム雰囲気では選手たちの表情や盛り上がっている雰囲気の様子

〇理念や方針は書面または指導者から聞くべき

〇最初の服装は【運動のできる格好・靴下・運動靴】で大丈夫

〇最初の道具は【サッカーボール・飲料水・カバン】があれば大丈夫

〇指導者の行動と声掛けがに注意しよう

 

 となります。

 

これからサッカーを始められる方の参考になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

【広告リンク】

 

スポーツが育む非認知能力「リベルタサッカースクール」