ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

危険から猫を守ろう!落下事故に合わないための対策とは

スポンサーリンク

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

【本日のテーマ】 

危険から猫を守ろう!落下事故をしないための対策について

 

 

猫を飼っている方でこんな悩みや不安ってないですか?

〇高いところから落ちないかな?

〇キャットタワーから落ちないかな?

〇ベランダから落ちないかな?

〇窓際でのんびりしているけど落ちないかな?

〇落下しないためにどんな方法があるのかな?

 

 

落ちて怪我したらどうしよう!?目が離せないわ

 

誰しもがこんな悩みを持っていると思うし考えたことがあると思います。

 

今回の記事はそんな悩みや不安を全てお答えしていきたいと思います。

 

 

 

落下事故に合わないための対策とは

f:id:noru-rate:20200127094431j:plain

 

この写真は我が家で飼っている猫ちゃんが7階から落下事故に合ったときの写真です。

落下事故に合うまでの5年間何もなく元気に過ごしていました。

 

何か起きてもいいような対策をしていなかったためこのような悲劇にあいました。

 

【事故当時の映像です】


【衝撃!】7階から落ちたラテの姿が可哀そうすぎる


実際に落下事故を経験した私の中でこの対策は絶対にした方がいいというものをご紹介していきます。

 

対策1 目配り

 


日常の中で常に猫の居場所を把握する癖をつけましょう。



どこで何をしているのかわかりません。

 


特に家中を散歩できるような環境だったら危ないかもしれません。

 

 

対策2 常に危機管理を持つ

 

気持ちのゆるみ程恐ろしいものはありません。

 

【大丈夫だろう】という考え方はやめて今からは【かもしれない】という考え方に変えましょう。

 

【我が家の失敗例】

普段から家の中の扉は開けっ放しでどこに行ってもいいようにしている環境でした。5年間猫を飼ってきて今まで怪我をしてこなかったので危険という考え方がだいぶ緩くなっていました。猫がリビングにいない状況に対して何も気にしていませんでした。その時外から大きな音でバチっと音がしたとともに猫の鳴き声も聞こえました。



本当にちょっとした気のゆるみが猫の落下事故をまねきます。



だからこそ考え方を【大丈夫だろう】から【かもしれない】に変えていく必要があります。


これは本当に後悔し残らない苦い経験です。

 


対策3 目を離す状況の時は必ずゲージへ

 

飼い主さんが猫から目を離すときって一体どんな時でしょうか。

 

〇お風呂の時間

〇お掃除の時間

〇外出中

〇寝る時間

〇ご飯の準備中



ざっとこのような時に猫から目を離しがちです。

 

目を離すなぁと思ったら迷わずゲージに入れておきましょう。


猫さんがゲージを嫌がらいようにしつけをするなら子猫時代から慣れさせておくことをオススメします。


何か起きる前に事前の対策も重要です。。

 


対策4 脱走防止グッズを使う

 

事故が起きないようにグッズを使って回避してあげるのも対策の一つとなります。

 

〇玄関付近

〇各部屋のドア付近

〇窓付近

〇ベランダ付近


このような場所に脱走防犯グッズを設置してあげるだけでも対策となります。

 

〇各ドア付近におススメなのは脱走防止アイテム【にゃんガード】です!!

 

 

猫の脱走防止専門店【ねこ工房】

 

 

〇窓付近におススメなのはドアストッパーです。

 

 


対策5  落下防止グッズを使う

 

万が一を考えてみましょう。

 


ベランダを歩いているときにふと落下してしまった時に役に立つ落下防止グッズとなります。

 

 

 〇ベランダ用ネット

 

 〇お部屋用防犯ネット



万が一に備えて事前の対策が大事となります!

 

 

まとめ

f:id:noru-rate:20190618150615p:plain


以上で落下事故に合わないための対策についての紹介を終わります。



今回ご紹介した対策をまとめると



1~3までの対策は飼い主の皆様が気を付けることで落下事故から猫を守れる対策となっています。

4~5の対策は猫の落下を防止するための防犯グッズの紹介となります。



全ては猫ちゃんと幸せに暮らすために必要な準備であり危険から守るためであります。



当記事が飼い主さんの参考になると幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。