ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

猫の落下事故4月の定期検査後の悩みを先生にぶつけた話について

スポンサーリンク

f:id:noru-rate:20200512122352j:image

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

本日のテーマ

猫の落下事故4月の定期検査後の悩みを先生にぶつけた話について

 

これは2019年4月23日の記録です。

 

前回のお話はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work

 

前回は通院生活が終わった話と処置ができていない箇所の話し合いについてのお話でした。

 

本日の内容
  •  猫の落下事故4月の定期検査後の悩みについて
  • ピンをつけたままお風呂に入れるのか
  • 年をとってもピンやプレートをつけていても大丈夫なのか
  • いずれかはピンやプレートを全部除去できるのか
  • まとめ

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

このようなながれとなります。良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

猫の落下事故4月の定期検査後の悩みについて

f:id:noru-rate:20200512123228p:image

 

4月の定期検査がおわり、一旦通院することが終わりました。

 

その時に先生と今後の話し合いをさせていただきました。

 

話し合いをした内容について
  • 肩甲骨の手術について
  • 足のプレート除去について

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

上記のことについて先生と話し合いをしました。話し合いの末、結局は断念することにしました。

 

 

家に帰りラテママと再度話し合いをしたところ・・・

 

足についているプレートのことで新たな悩みと心配事が見つかりました。

 

悩みと心配事について
  • ピンやプレートが付いたままお風呂に入ることはいいのか
  • 年をとっていくにつれてピンやプレートを付けたままでも大丈夫なのか
  • いずれかはピンとプレートを全部除去してくれるのか

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

この3つの悩み事が出てきたため電話で聞くことにしました。

 

 

 

ピンとプレートをしたままお風呂に入れるのか

f:id:noru-rate:20200512123245p:image

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

今後風呂に入れようと思うのですがピンやプレートが付いたままでもお風呂は入ってもいいのでしょうか。

 

f:id:noru-rate:20200508160318p:plain

先生

お風呂に関してはそのままの状態でも入るのは問題ありません。

 

 

年をとってもピンとプレートを付けたままでも支障はないのか

f:id:noru-rate:20200512123300p:image

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

老猫になったときにピンやプレートが付いたままだとなにか問題は起きますか。

 

f:id:noru-rate:20200508160318p:plain

先生

老猫になった場合にでも特に問題はありませんが、体が弱ってきたときにもしかしたら体重が落ちて骨や筋肉が細くなった場合にピンやプレートが皮膚に当たり傷つけてしまう可能性があります。

 

 

いずれかは全部を除去してくれるのか

f:id:noru-rate:20200512123322p:image

 

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

やっぱり、いずれかはピンやプレートを全部除去してもらいたのですが可能性ですか?

 

f:id:noru-rate:20200508160318p:plain

先生

もう少し様子をみて、除去しましょう。ただしピンやプレートは一気に除去することはできないので最低でも2回から3回に分けて全部のピンやプレートを除去していきます。

 

 

まとめ

f:id:noru-rate:20200512123338p:image

 

先生と電話でのやり取りをしましたがまとめました。

 

Q:お風呂ははいれるのか

A:入れます。

 

Q:老猫になった場合、なにか問題が起きるのか

A:年をとっても特に問題はないが弱ってきた時に皮膚に当たる可能性がある。

 

Q:いずれかは全部除去できるのか

A:2回から3回に分けて除去していきます。

 

 

担当の先生はいつも中途半端な返答ばかりで、肝心なことはあまり言わない先生です。

 

挙句の果てにこちらの意見さえ聞こうともしません。

 

まだまだ不安な点や悩みもあり問題が解決したわけではないので今後がとても心配です。

 

ところで

 

皆さんはセカンド・オピニオンって言葉知っていますか?

 

猫つながりの知り合いの方はセカンド・オピニオンするべきだと言ってくれました。

 

ここにきてセカンド・オピニオンをしようか検討中です。

 

今後もラテちゃんの怪我についてまた報告していきたいと思います。 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。