ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

猫の落下事故12月の定期検査の報告について

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

 

 

 猫の落下事故12月の定期検査の報告について

 

 

 

これは2018年12月21日の記録です。

 

前回のお話はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work



 

今回の動物病院での検査報告ではどのようになっていくのでしょうか。

 

【本日の内容】

  • 動物病院での12月の検査報告
  • 大腿骨のレントゲン検査
  • 考え方の違いにつて
  • 今後の方針について 

 

このような流れとなります。 

 

良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

猫の落下事故12月の定期検査の報告

f:id:noru-rate:20200423103856j:image

 

動物病院へ行くのは約1ヶ月ぶりとなります。

 

前回の動物病院での検査報告はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work

 

 

今回の検査の流れはこのようになります。

 

  1. 問診
  2. レントゲン検査 

 

 それでは順に報告していきます。

 

先生との問診について

 

この1ヶ月間の様子について話をしていきます。

 

特に変わったことがなかったのですぐにレントゲン検査でした。

 

レントゲン検査

 

今回のレントゲン検査は大腿骨のみのレントゲン検査となります。

 

大腿骨のレントゲン検査報告

f:id:noru-rate:20200423104616j:image

 

レントゲン検査では前回と同様で徐々に引っ付きつつある様子だと言われました。

 

そして2019年1月上旬頃に大腿骨の中にあるピンを数本除去する手術を行うことが決まりました。

 

ついに大腿骨に付着しているピンを除去していく手術をする中で私達と先生との意見が分かれもめることになります。

 

考え方のちがいで先生と揉める

f:id:noru-rate:20200423104949j:image

 

ラテちゃんの大腿骨に付着しているピンやプレートについて話をしている最中に私達と先生との考え方の違いで揉めてしまいました。

 

私達の考え

ラテちゃんの足に付着しているピンとプレートをゆくゆくは全部取ってほしい。

 

 

先生の考え

ラテちゃんが今まで手術をした際に何度も弱体してしまったことがありまた体を傷つけてしまった際に弱体してしまう恐れがあるから手術をしたくない

 

 

結果的に

先生が渋々了解をしましたが態度が変わり言い方が荒くなる始末。

 

 

これまでブログでは言ってきませんでしたが実は今までも何度か先生とはもめていました。

 

私達の担当の先生の特徴は

  • 腕はいい先生(〇)
  • 自己中心的な先生(✕)
  • 気分で態度ががらりと変わる先生(✕)
  • 動物に対する扱い方が雑でひどい(✕)
  • 人の話を聞かない(✕)

 

いい面はあるが困った所が多いい先生だったのです。

 

実際にこの先生が嫌で病院を変えたっていう方も多いいらしく腕はいいのですが評判はあまり良くない先生なのです。

 

私達は今までは我慢していたのですがここにきて反論してしまいました。

 

読者の方で動物病院に対して悩んでいる方や迷っている方は下記の記事を読んでみて下さい。

 

 【関連記事】

www.noruneko-rate-life.work

 

動物病院を決める際に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

今後の方針について

f:id:noru-rate:20200414124249j:image

 

 

とりあえず2018年の病院での検査は終わりました。

 

次は2019年1月の頭に大腿骨のピンの除去手術が待っています。

 

それまではあまり無理をさせずゆっくり生活をしてくことになります。

 

 

次回は12月下旬のラテちゃんの様子となります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。