ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

猫が体を舐める行為を辞めさせる方法3選と体験談について

スポンサーリンク

f:id:noru-rate:20200503115156j:image

 

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

【猫の悩み】

猫に毛を舐めてほしくないなぁ。舐め防止や対策ってないのかなぁ?

 

この様な悩みを持っている方いませんか?

 

ということで本日のテーマはコチラ⇩

 

【本日のテーマ】 

猫が体を舐める行為をやめさせる方法3選!舐め防止と対策について

 

本日のながれ
  • 猫が毛を舐める行為について悩んでいます。
  • 猫の舐め防止対策について
  • 猫の舐め防止のメリットと体験談
  • 失敗した方法を組み合わせて併用する
舐めたいよ~

f:id:noru-rate:20200303084147j:plain

 

 

上記のような流れとなります。

 

良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

毛を舐めるのやめて~!!って悩んでいる方いませんか!?

f:id:noru-rate:20200302153633j:image

 

これは私の体験談からの悩みでした。

 

ラテちゃんが怪我をして舐める行為を完全にしてはいけない状況の中でどうしたらいいのか試行錯誤してきた悩みとなります。

 

皆さんも同じように舐める行為にたいして悩んでいますか?

 

 

 

私も実際に悩んで色々と試してみた方法3選について

 

上記でお伝えしてきた通り我が家のラテちゃんは舐める行為が禁止でどうしても舐めようとします。

 

猫が毛を舐める行為をやめさせる方法実行してきました。

 

猫の服を着させる

f:id:noru-rate:20200302153726j:image

 

【メリット】 

  • 舐める行為をやめさせることができる
  • あまり気にせず過ごすことができる

 

 

 

【体験談】

  • 服を無理矢理脱ごうとする
  • たまに足が引っかかってしまう
  • 服をかじって壊そうとする

 

動きもそこまで限定さないのですが服を着る時や脱ぐ時に足が引っかかった利したことがあり少し怖いなぁと思ったことがあります。

 

エリザベスカラーの装着

f:id:noru-rate:20200302153752j:image

 

【メリット】

  • 舐める行為をやめさせることができる
  • 身動きが取れなくなるので安静にさせることができる

エリザベスカラーをすることで完全に舐める行為ができなくなり舐め防止には効果抜群です。

 

【失敗談】

  • 身動きが取れなくなるのでストレスを溜めてしまう
  • 歯でエリザベスカラーをガジガジしてしまう
  • 暴れる場合がある

猫は自分の体に何かついていることが嫌いな生き物なのでとても嫌がります。

 

ストレスを溜めたりする可能性があるのが懸念します。

 

猫の監視を徹底する

f:id:noru-rate:20200303072327p:image

 

猫が何もしないようにずっと見守る。

 

【メリット】

  • ストレスなく生活することができる
  • 目を離さないのですぐに何かあれば対応できる

 

常に見守ることで対応していくのですぐに何かあれば対応することが可能です。

 

【体験談】

  • 1人でやるのは不可能!
  • 家族がいれば交代しながらできる
  • 本当に一番辛い方法

 

ラテちゃんのために朝から朝まで24時間毎日監視してきた経験の中で精神面・肉体面とかなりけずられました。逆にこの方法を利用して家族の絆は深まることはできます!

 

 

失敗から学んだ3個の方法を組み合わせるやり方

 

 

上記の方法組み合わせ行くことができれば実は一番舐め防止対策としては効果抜群です!

 

普段の生活の中で飼い主さんが監視をできる時は何も身につけさせない。

 

少し手が離れる場合には服を着させてあげる。

 

完全に手が離れる場合にはエリザベスカラーの装着。

 

この様に状況に応じて使い分けてあげることができれば効果を発揮してくれます。

 

 

 

まとめ

f:id:noru-rate:20200303072731p:plain

 

以上で猫の舐め防止対策について終わります。

 

 【本日のまとめ】

  • エリザベスカラーの装着
  • 猫に服(術後服)を着させる
  • 猫の監視を徹底する

以上の3つの方法を上手く見合わせる事で効果を発揮してくれます。

 

本当はこの様な猫グッズを使わずのんびりと生活してもらえることが理想ですが万が一猫の舐め防止対策が必要になった場合にはオススメする方法です。

 

当記事が皆様のご参考になれば幸いです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。