ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

猫の落下事故後右手損傷後の様子について

f:id:noru-rate:20200518094223j:image

 

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

本日のテーマ

猫の落下事故後右手損傷後の様子について

 

 

これは2019年5月14日の記録です。

 

前回のお話はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work

 

ラテちゃんはちょっとした大きな物音にビックリしてしまい手首を痛めてしまいました。 

 

本日の内容
  • 猫の落下事故後右手損傷後の様子について
  • 今後の方針について

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

本日の内容はこのようになっています。良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

猫の右手損傷後の様子について

f:id:noru-rate:20200518093919j:plain

 

 

昨日は動物病院へ行き先生に応急処置をしてもらいました。 

 

 

【処置の方法】

〇痛み止めの注射を打ってもらった。

 

 

先生には脱臼後はちょっとしたことで痛めやすいともいわれました。

 

そして・・・

 

一日が経過しました。

 

朝、ラテちゃんをゲージから出してみると痛みがあるような歩き方をせず普通に歩いて出てきました。

 

f:id:noru-rate:20200518094525j:plain

 

痛み止めが効いているのかそれとも治ったのか分かりませんが何もなかったかのように歩いています。

 

 

今日は普通でしたがまたいつ急に痛み出すか分かりません。

 

引き続きラテちゃんの様子を報告していきたいと思います。

 

 

脱臼された猫を飼っている飼い主さんは絶対安静でなるべくゲージから出さないようにするか狭い部屋を作ってあげると安心しますよ。

 

今後の方針について

f:id:noru-rate:20200518094424j:image

 

 

また痛みが出てきた場合には再度動物病院へ行き違う方法を考えていきます。

 

まずは先生に言われた絶対安静を守りなるべく負担を掛けないようにしてあげるのが私達の使命となります。

 

以上で猫の落下事故後右手損傷後の様子についてのお話を終わります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。