ノル猫ラテちゃんの気ままBLOG

ノル猫ラテちゃんの日常やお役立ち猫情報にラテパパの日常とためになる情報を発信しています。

猫が絶対に食べてはいけない危険な食べ物7選!誤食しないための方法と誤食してしまったときの対処法について

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。今回のお話は猫が絶対に食べてはいけない食べ物についてのお話をとなります。良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

 

猫が絶対に口にしてはいけない危険な食べ物10選

 f:id:noru-rate:20190716132244j:plain

 

飼い主の皆様、普段私達が食べる食べ物は猫にとってとても危険な食べ物なのかご存じでしょうか。

 

ここでは危険な食べ物を10個ご紹介していきます。

 

【猫にとって危険な食べ物の紹介】 

  • チョコレート
  • コーヒー・紅茶・緑茶
  • ネギ類(玉ねぎ・ニラ)
  • 生のイカ・タコ・エビ・カニ
  • 牛乳・乳製品
  • アルコール

 

では一つずつ順に説明をしていきます。

 

チョコレート

f:id:noru-rate:20190716131608j:plain

 

危険な成分 症状
テオブロミン 〇嘔吐・下痢
〇頻尿
〇下痢

 

猫にとって危険な食べ物になります。

 

一つ間違えると死に至るぐらいとても危険な中毒をもつ食べものとなります。

 

コーヒー・紅茶・緑茶

f:id:noru-rate:20190716131614j:plain

 

危険な成分 症状
〇カフェイン
〇テオブロミン
〇嘔吐・下痢
〇頻尿
〇下痢

 

コーヒーの成分にあるカフェインがテオブロミンと同じような中毒性のある症状を起こしてしまいます。

 

他にも緑茶や紅茶類のにもカフェインとテオブロミンと同じような危険な症状を起こしてしまいます。

 

ネギ類(玉ねぎ・ニラ)

 f:id:noru-rate:20190716131601j:plain

 

危険な成分 症状
〇n-プロピルジルスフィド 〇貧血
〇血尿
〇下痢
〇嘔吐

 

猫の赤血球を破壊する効果を持つn-プロピルジルスフィドという成分。

 

ネギ類を調理してエサで猫にあげても危険な症状が出ますので絶対にあげるはやめましょう。

  

生のイカ・タコ・エビ・カニ

f:id:noru-rate:20190716131623j:plain

 

危険な成分 症状
〇ビタミンB1分解酵素 〇痙攣
〇神経症状を起こす

 

猫が甲殻類の食べ物を食べてしまうとビタミンB1分解酵素という危険な成分が体に入り猫はビタミンB1欠乏症になってしまいます。

 

下手をすると死に至る可能性もあるので絶対にあげないようにしましょう。 

 

肉類の骨・魚類の骨

f:id:noru-rate:20190716131629j:plain

 

肉類の骨や魚類の骨が猫ののどに刺さってしまい【喉や胃や腸】などを怪我してしまう可能性があるため骨付きの魚や肉をあげるのは絶対にダメです。 

 

牛乳・乳製品

f:id:noru-rate:20190716131635j:plain

 

危険な成分 症状
〇ナトリウムイオン
〇乳糖
〇下痢
〇発育不良
〇肥満体になる
〇アレルギー反応を起こす

 

猫に牛乳を与えると特に老猫は体調を崩しやすくなります。

 

子猫の場合は良く牛乳をあげるといいと言われていますがここでよく間違って市販で売っている牛のミルクをあげている方がいると思いますがなるべく牛乳ではなくては猫用のミルクを買ってあげましょう。

 

なぜ牛乳がいけないのかというと牛乳の中にある成分に乳糖という成分がありますがこの成分の猫ちゃんは自分で乳糖をぶんかいすることができずお腹を壊してしまい下痢になる恐れがあるからです。

 

そして猫用のミルクがいい理由としては牛さんの牛乳よりもネコ用のミルクの方が栄養が高いからです。 

 

もし猫に牛乳をあげる場合は猫用ミルクを購入することをオススメします。

 

アルコール

 f:id:noru-rate:20190716131640j:plain

 

危険な成分 症状
〇アルコール 〇嘔吐・下痢
〇呼吸困難
〇神経症状
〇ふるえ
〇昏睡状態

 

ビールなどお酒類にある成分の中にあるアルコールですが猫がアルコールを体の中に入れてしまうと上記のよう症状が出てしまい最悪の場合、死に至る可能性があるので絶対にあげてはいけません。

  

猫に一番適した食事とは

 

栄養がバランスよく摂れるように配合された【総合栄養食のキャットフード】が猫にとって一番の食事となります。

 

 定期お届け便【ピュリナ ワン キャット】

 

誤食させないために気を付けることについて

 

猫が誤食しないためにはまずは身の回りを方つけることが一番です。

 

特に食後・食前では私達が食べる物が食卓には並んでいると思います。

 

食事の時はゲージに入れるか食卓に上がらせないように対策をすることで誤食をなくすことができます。

 

床に食べ落としがある可能性が食後は床を拭いたり掃除機をかけたり猫が誤食しないようにお掃除をしてあげるのも必要かもしれません。

 

誤食してしまった場合の対処法とやってはいけない対処法について

 

では猫ちゃんが実際に誤食してしまったときの対処法とやってはいけない対処法についてご紹介していきます。

 

誤食してしまったときの対処法について

 

猫ちゃんが万が一、誤食してしてしまったら一番に動物病院へ電話をしましょう。

 

電話で伝えることは【誤食してしまった食べ物】【大きさ】【誤食した物】を先生に伝えてから動物病院へ受診しましょう。

 

誤食後になってはいけない行動について

 

  • 猫に水を飲ます。
  • 吐かせようとする
  • 飲み込んだものを無理やり取ろうとする

 

 

上記の3つについて説明をしていきます。

 

【水を飲ます】

誤食後に猫に水を飲ますことは危ないのでやめましょう。どんなものを誤食したかわからない場合やは特にやってはいけません。

 

【吐かせようとする】

吐かせようと背中をさすったりたたいたりする行動は消化器官になにか刺さっていた場合には粘膜を傷つけてしまう可能性があるのでやめましょう。

 

【飲み込んだものを無理矢理取ろうとする】

誤食した物のを無理矢理取ろうとすると粘膜を傷つけてしまう可能性があります。特に長い紐やテープなどを飲み込んだ場合は引っ張らずすぐに病院へ行き治療してあげましょう。

 

以上が飼い主さんがやってはいけない行動になります。

 

 

まとめ

 

 今回のお話をまとめてみると絶対に食べてはいけない食べ物は

  • ネギ類
  • アルコール
  • コーヒー・紅茶・緑茶
  • 牛乳
  • 生のイカ・タコ・エビ・カニ
  • 肉類・魚類の骨
  • チョコレート

 でした。

 

覚えておいてほしいのが【栄養総合食のキャットフード】をあげるのが猫にとっては一番の食事となります。

 

誤食させない・した場合の対処法もしっかりと覚えておくと何かあった場合には冷静に判断ができます。

 

今回のお話は実際に動物病院の先生に聞いたお話や猫の本で調べたちゃんとした情報となりますので安心してください。

 

お知らせ

 

当ブログは2つのブログランキングに登録しています。もし宜しければ皆さんの応援クリックをしていただけたらラテちゃんはすごくうれしいにゃん=^_^=

 

 

 

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

 

 


ノルウェージャンフォレストキャットランキング

 

 

良かったら一緒に読者登録していただけると嬉しいにゃん

 ↓   ↓   ↓ 

 

 

ご協力宜しくお願い致します。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

定期お届け便【ピュリナ ワン キャット】