ノル猫ラテちゃんの気ままBLOG

お盆期間の11日から18日まではブログの更新はお休みをします。ツイッターの方で近況をつぶやきます。

猫にとって危険な場所12選!!トラブルが起きる前に早めの対応を

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。今回のお話はおうちの中のどこが危険な場所なのかについてお話をしていきます。良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

【当記事はこんな方に向けた記事となっています。】 

  • 猫を基本的に放し飼いにしている飼い主さん
  • 猫を飼っている飼い主さん
  • 猫をこれから飼おうとしている方

 

毎日一緒に猫と過ごすうえで見過ごしているととても危険です。是非当記事を読んでこれからの生活をするうえで考え方を改めていただけたら幸いです。

 

 

おうちの中の危険な場所12選

f:id:noru-rate:20190619095256p:plain

 

普段一緒に生活をしている中で猫にとってどこが危険な場所なのかご紹介していきます。

 

  • 台所
  • ベランダ
  • 窓際
  • お風呂場
  • キャットタワー
  • ゲージの上
  • 玄関
  • 階段
  • ドア付近
  • 洗濯機
  • 家具付近

猫にとって危険な場所はこんなにも沢山あります!

 

それでは順に説明していきます。

 

台所付近

 

台所付近には様々な危険な道具や食べ物があり最も危険な場所となります。

  • 調理道具・器具
  • 人が食べる食べ物
  • 生ごみ

このようなものが置いてあることが多いいと思います。

 

猫が台所に行ってもいいように整理整頓しておきましょう。

 

ベランダ

 

普段猫を放し飼いでベランダも移動範囲であればしっかりとした対策をした中でお散歩をさせてあげましょう。

 

油断してしまうと本当に取り返しの使いことになりますよ。 

 

窓際

 

窓際付近では窓が開いていた場合に脱走したり落下の原因だったりと危険があります。

 

窓際にいく場合は飼い主さんも一緒にいてあげましょう。

 

お風呂場

 

猫はお風呂場が好きで頻繁にお風呂場に行こうとします。

浴槽の方まで行ってしまうと飼い主さんが使うシャンプーやリンスにせっけんなど猫が舐めたり噛んだりする恐れがあるのでなるべく浴槽の中までいかすのは避けたい場所ですね。

 

万が一浴槽にお湯を溜めていた場合には猫が浴槽に誤って落ちてしまいおぼれてしまう可能性もあります。

 

キャットタワー

 

一家に一つはあるだろうと思える猫グッズの一つですがキャットタワーも危険な場所になります。

 

不安定な状態で置いていた場合にキャットタワーが倒れる危険もあります。

 

キャットタワーの設置の仕方も十分に考えて設置しましょう。

 

 

ゲージの上

 

ゲージーの上は大体が網状になっており猫がゲージの上に乗った場合に足が挟まり怪我をしてしまう可能性があります。

 

ゲージの上も猫が乗ってもいいように平らにするなど工夫をする必要があります。

 

 

玄関

 

玄関付近も危険な場所となります。

 

猫が玄関付近にいることが分からず開けた瞬間に脱走してしまう可能性があります。

 

階段

 

階段に物を置いていた場合に猫が足を滑らせて怪我をする可能性があります。

 

階段には何もおかないようにしましょう。

 

階段に上がらせたくない場合は猫が会談に上がらないような工夫が必要になります。

 

 

庭での放し飼いでは脱走してしまう可能性があったり植物があった場合に間違えて口にした場合に病気になってしまう可能性があります。

 

病気以外にも脱走をしてしまう可能性もあるので飼い主さんも一緒に庭で遊んであげましょう。

 

 

ドア付近

 

猫がドアで手や顔などを挟んでしまい怪我をする恐れがあります。

 

洗濯機

 

洗濯機の中で遊んでいた場合に猫が洗濯機から出ることができずに閉じ込められてしまう可能性があります。

 

家具付近

 

不安定な家具類や高い家具類で猫が遊んで下りれられなくなったりジャンプして着地に失敗してしまい怪我をする恐れがあります。

 

 

猫が快適に生活をするために心がけることとは

f:id:noru-rate:20190619095359p:plain

 

毎日猫と一緒に生活をする中で猫の行動をきちんと把握することで危険を回避したり怪我などを防ぐことができます。

 

飼い主である私達は【〇〇だろう】という考えから【〇〇かもしれない】という考え方に変えて常に危険を察知できるように考えておくとが大事だと言えます。

 

 

まとめ

 

以上が猫にとって危険な場所についての説明を終わります。

 

猫と一緒に生活をするうえで徹底して猫の管理をしてあげましょう。一番は何もなく毎日が普段と同じように生活をすることが猫も飼い主も幸せなことです。

 

マンネリをしたときに事故や怪我が起きてしまいます。

 

毎日危機感を持ちつつ一緒に楽しく過ごしてあげましょう。 

 

 

お知らせ

 

当ブログは2つのブログランキングに登録しています。もし宜しければ皆さんの応援クリックをしていただけたらラテちゃんはすごくうれしいにゃん=^_^=

 

 

 

にほんブログ村 猫ブログ ノルウェージャンフォレストキャットへ
にほんブログ村

 

 


ノルウェージャンフォレストキャットランキング

 

 

 

 

ご協力宜しくお願い致します。最後まで読んでいただきありがとうございました。