ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

猫が回復していくための嬉しい変化と辛い変化とは

スポンサーリンク

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

【本日のテーマ】 

猫が回復していくまでの嬉しい変化と辛い変化について

 

これは2018年8月11日から13日までの記録です。

 

前回のお話はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work

 

 

【本日の内容】

  • 猫の辛い変化と嬉しい変化について
  • 飼い主の役割とは
  • 今後の方針について

 

このような流れとなります。 

 

良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

 

猫が回復していくための嬉しい変化と辛い変化とは

f:id:noru-rate:20200302105851j:image

 

 

怪我が完治していくまでに色んな障害があります。

 

体内からくる障害や怪我といった障害もあり順調に進むわけではありません。

 

下記では新たな変化があったのでお話をしていきます。

 

辛い変化

f:id:noru-rate:20200302103629j:image

  

前回ストレス性胃腸炎になり嘔吐を繰り返していました。

 

今度はストレスによる下痢を何度も何度も繰り返すという辛い変化です。 

 

これも病院で相談し下痢止めの注射で様子をみることに・・・

 

ただ、大変なのが下痢をしたときに体が汚れしまったことが本当に大変でした。

 

汚れをとるのが本当に大変でした。

 

そして猫は綺麗好きなので体中を舐めたくてしょうがなく傷口も関係なく舐めようとするので舐めるのをやめさすことが本当に大変でずっと見ていないといけない状況が続きました。

 

嬉しい変化

f:id:noru-rate:20200302103553j:image

 

 

手術した足の抜糸が取れて傷口が綺麗になってきていることは嬉しい変化といえます。

 


f:id:noru-rate:20200302104707j:image

 

エサも今では自分から食べるようになってきたので体重も4.2㎏から4.4㎏に増えました。

 

ラテちゃんのベスト体重が5.5㎏なのでここまで頑張って体重を増やす必要があります。 

 

 

飼い主の役割は!?

f:id:noru-rate:20200302104008j:image

 

さて上記では猫の変化についてお話をしてきました。

 

ここでは飼い主である私達がする役割についてお話をしていきます。

 

 

 

どんな役割かというと・・・

 

 

そうです。

 

ラテちゃんを監視することです。

 

最低限許される行動はいいのですが先生からとめられている行動はさせないようにすることが私達の役割となっています。

 

では一体どんな行動は良くてどんな行動はダメなのか下記に書いていきます。 

 

 

してもいい猫の行動
  • 寝返り
  • 排便
  • 食事
  • 水を飲む
してはいけない猫の行動
  • 歩こうとする
  • 体を舐めようとする
  • 立とうとする
  • 動こうとする

 

 この様になります。

 

だからこそ私達は常に監視をしながら生活をしていかないといけません。

 

寝る時も交代してラテちゃんの近くで寝ながら監視という毎日が寝不足状態で過ごす事になります。

 

それでも全てはラテちゃんが良くなるために昔みたいに元気に走り回る姿をまた見たいがために頑張ってサポートをし続けます。

 

 

今後の方針

f:id:noru-rate:20200302104311j:image

 

今後も今までと同様に監視し続けることとなります。

 

なにもないようにストレスを与えないように気持ちよく生活をしてくれるようにサポートあるのみです。

 
次回はお盆に入るため病院には行かず家でどのようにして過ごしていくのかについてお話をしていきます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。