ノル猫🐈日和♫

猫にまつわる情報を中心にお届けします。

【猫の落下事故】1月の定期検査と空気の読めない困った先生について

スポンサーリンク

f:id:noru-rate:20200504132132p:image

 

 

 

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

いつも訪問ありがとうございます。ラテパパです。

 

 

本日のテーマ

猫の落下事故1月の定期検査の報告について

 

 

これは2019年1月25日の記録です。

 

前回のお話はコチラ⇩

www.noruneko-rate-life.work

 

前回は1月中旬の様子をお届けしました。 

 

本日の内容
  • 1月の定期検査の報告について
  • 空気の読めない困った先生の話
  • 今後の方針について

 

f:id:noru-rate:20200428152348j:plain

ラテパパ

このような流れとなります。良かったら最後まで読んでみて下さい。

 

 

猫の落下事故1月の定期検査の報告について

 f:id:noru-rate:20200430150240j:plain

 

今回検査の流れはこのようになります。

  1. 問診
  2. レントゲン検査

 

 それでは順にご報告していきます。

 

問診

 

抜糸後の様子をチェックします。

 

他にも歩行についてや普段の生活についてご報告しました。

 

レントゲン検査

 

大腿骨のレントゲン検査です。

 

今回のレントゲン検査では今までよりも骨の引っ付き方がだいぶ良くなっておりバラバラの骨が一塊の骨になっていたのです。

 

このレントゲンを見た先生もびっくりしておられました。

 

 

空気の読めない先生の話

f:id:noru-rate:20200504132738j:image

 

これは今回の病院での支払いの時に起きた空気が読めない先生のお話です。

 

会計の時、ひょっこりと先生が現れて大きな声で名前を呼ばれ今日のお代はいりませんといわれたのです。

 

いやいや

 

待合室でそんな大きな声で言わんでもいいじゃん。

 

他のお客さんもいるんだよ。

 

私は周りを気にしながら軽く会釈をいて小さい声でありがとうございますといいましたがそれをいうなら問診終わりに行ってくれたらいいじゃんって思いましたね。

 

本当に私の担当の先生は気分屋で空気が読めない先生だなって改めて思いました。

 

 

今後の方針について

 

検査に関しては状態が良くなりつつあることが本当に良かったです。

 

エリザベスカラーもしなくていいのでなにかあれば服を着るだけで済みそうなので助かります。

 

次回は1月下旬の様子についてとなります。

www.noruneko-rate-life.work

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。